ひたち桜詣 終了となりました

今年のひたち桜詣は令和3年4月18日をもちまして終了となりました。たくさんの方々のご参拝、まことにありがとうございました。

桜御朱印に関しましては、残りわずかではございますが、艫神社・助川鹿嶋神社・大甕神社ではご用意がございますので、ご希望の方は、各神社でお申し出頂ければ、授与致します。

ひたち桜詣 

~ひたちさくらもうで~

平安時代より、春の花びらが散る時に疫神が分散して流行病を起こすとされておりました。神道では古来よりその疫病を鎮める「鎮花祭 ~はなしずめのまつり~」神事が今も尚残り、おこなってまいりました。桜の名所でもある日立へお越しになり、春の風を感じ鎮花~はなしずめ~を祈りお参り下さい

3月27日の桜の日に桜詣を開催している日立市内の五つの神社では、疫病を鎮めながら世の安定や安寧を祈る鎮花祭を執り行います

桜詣開催期間 令和3年3月13日~令和3年4月18日

桜詣開催神社 日立市内の5社 (下記)

艫神社 神峰神社 助川鹿嶋神社 泉神社 大甕神社


桜詣限定御朱印 (5社がコラボした珍しい御朱印です。各神社でお受け下さい ※見開き版・書置きのみ)

艫神社桜詣限定御朱印

各神社で御朱印を頂きましたら横に並べてみて下さい。


桜詣限定「福桜」の授与 最初の一社目でお受け下さい。桜の花が咲いていない時でも、桜を感じることが出来ます。どの神社でも受けることが出来ます

※艫神社と泉神社では準備していた福桜が無くなりましたので、福桜につきましてはその他の桜詣開催神社でお受けいただきますようお願い申し上げます。桜御朱印と静花は引き続き授与致しております。

福桜

桜詣限定「静花 ~しずか~」疫病を鎮める花に見立てたリボンです。それぞれの神社ごとに色が違い、福桜に飾り付けます。「静花」に各々の願いを込め、5社を巡り、福桜を完成させましょう。それぞれの神社を巡り、福桜が完成しましたら、縁起物として神棚や清浄な場所におまつりしましょう

静花

福桜に静花を装飾すると、この様になります

限定御朱印(書置き)と静花(しずか)のセット 初穂料 千円

福桜 初穂料 500円


令和3年3月27日(桜の日)午前7時に鎮花祭を執り行いました。


ひたち桜詣開催神社マップ

御朱印 書き手不在のご案内

4月13日(火)終日 書き手不在の為、御朱印は書置きにて対応させて頂きます。どうぞご了承ください。

4月17日(土)9:00~13:30 書き手不在の為、御朱印は書置きにて対応させて頂きます。どうぞご了承ください。

3月28日(日)9:00~15:00 書き手不在の為、御朱印は書置きにて対応させて頂きます。どうぞご了承ください。

上記以外にも、急な御祈祷等で対応出来ない場合があります。その際はご容赦下さいますようお願い申し上げます。

寒中禊をおこないました

令和3年2月10日 多賀神道青年会(日立市・高萩市・北茨城市の青年神職による団体)が主催して、新型コロナ感染症早期終息を祈願して、河原子海岸において寒中禊をおこないました。早いもので、今回で5回目の開催となります。神職8名と一般の方が2名、そして、なんと、今回はよしもと茨城県住みます芸人のオスペンギンのお二人も一緒に参加して下さいました。河原子にある鈴木屋旅館さんの一室をお借りして、初めて参加されたオスペンギンのお二人に禊についての簡単な講義を行い、そこで皆がふんどし姿に着替え、海岸まで走って行きました。海岸に到着すると、皆で海に向かって拝礼し、輪になって鳥船と呼ばれる所作(昔の船をこぐ動作)を行い、禊の和歌を大声で歌います。そして、それが終わると、一同、気合をエイッと入れて、海中に入って行きます。海中では大祓詞(おおはらいし)と呼ばれる、祓いの祝詞を皆で奏上します。そこでは大自然と一体となり、悪い邪気を払い除け、新たな活力を得られたような気が致しました。そして、10分ほど海水に浸かり、浜に上がりますと、再び鳥船をこいで、和歌を歌い、海に拝礼し、禊行事を終えました。今回はコロナ禍の中での禊ということもあり、フェイスシールドをつけるなど感染対策を行いながらの開催でした。一日も早い新型コロナ感染症の終息を切に願います。

2月16日の茨城新聞に掲載されました

御朱印 書き手不在のご案内

2月15日(月)終日 書き手不在の為、御朱印は書置きにて対応させて頂きます。どうぞご了承ください。

2月16日(火)9:00~13:00 書き手不在の為、御朱印は書置きにて対応させて頂きます。どうぞご了承ください。

2月18日(木)9:00~11:00 書き手不在の為、御朱印は書置きにて対応させて頂きます。どうぞご了承ください。

上記以外にも、急な御祈祷等で対応出来ない場合があります。その際はご容赦下さいますようお願い申し上げます。