境内社 八坂神社 例祭

7月15日 境内社の八坂神社御例祭を執り行いました。また、併せて新型コロナウイルス流行鎮静化祈願も行いました。今回はコロナ対策のため、例年より規模を縮小して氏子総代のみの参列となりましたが、無事に神事を執り納める事が出来ました。当社の八坂神社はその昔、つくば市の一ノ矢八坂神社の講中が元となっております。八坂神社と云えば、祇園祭で有名ですが、その起源は疫病退散を祈るというところに端を発しております。此度の新型コロナウイルスの災禍が早く鎮まることを切に願います。

「薔薇之刻」終了致しました

「薔薇之刻」では大勢の方にご参拝頂き有難うございました。6月7日をもちまして「薔薇之刻」終了とさせて頂きます。それに伴い限定御朱印は終了となります。通常の御朱印、薔薇守は引き続き授与しておりますので、ご希望の方は神社隣の宮司宅までお越しください。

薔薇之刻となりました

5月16日より6月7日まで「薔薇之刻」を開催いたします

  • 上記期間、神社隣接バラ園にてオープンガーデンを実施(入園無料、ご自由にご観覧いただけます)
  • 期間限定御朱印の頒布(初穂料300円)
  • オリジナル薔薇守(バラ守)の授与(初穂料800円)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各個人におかれましてもマスクの着用や県外からの移動の自粛等、感染拡大の防止のご協力をお願い申し上げます。


御朱印と御守をご希望の方は、神社隣の宮司宅までお越しください

通常どおり御参拝頂けます

茨城県の緊急事態宣言の解除に伴い、今まで行っておりました各制限を解除致します。

①手水舎の柄杓の使用の制限解除
②向拝の鈴緒の使用の制限解除
③御朱印の書置きのみの対応の解除

以上、ご協力頂き有難うございました。

しかし、まだ新型コロナウイルスの感染拡大のリスクは残っております。
マスクの着用、県をまたいでの移動の自粛等、各個人におかれましても感染拡大の防止をお願い申し上げます。